値段で選ぶ格安航空会社

格安航空会社の運賃

 

私が乗ったジェットスター航空は最近よく聞く名前の航空会社です。時には航空運賃が「1円」というものも見かけます。
成田から九州の博多空港までの便に乗ったのですが、これも2000円弱の格安航空券です。
最初は本当にこの金額で行けるかどうかという不安になったこともありましたが、乗ってしまえばあっという間です。

 

初めて利用したジェットスター航空やネットで格安航空券センターなどから航空券を取る際も期間限定での販売となっていることが多いので早め早めにとっておいたことが良かったです。
1日遅れただけであっという間に販売終了になっていることもよくあります。
また、乗る便の時間帯にも注意が必要なります。私が乗った便は朝1番の時間だったので、成田空港に前のりして仮眠を取ってから出発しました。さすがに深夜の成田空港は静けさに包まれていました。

 

往復で帰りの航空券も事前に取りました。これも朝一番での便です。旅行の行程としては、成田に前のり→仮眠→出発→観光→博多空港前のり→仮眠→出発という内容でした。空港内で2泊ということになりました。

 

格安航空券を取る際はある程度の予備知識が必要になることを実感しました。
そして旅行を終えた今でもまた利用してみたいと思いました。
運賃価格に合った内容かどうかは個人の判断になりますが、財布に優しい額の運賃は時間的な制約がつくことが多いので調査と検討を繰り返ししていくことが大切になるのではないかと思います。
1度、思い切って狙ってみるのも悪くないと感じました。

 

費用の面で非常に面倒なのが燃油サーチャージ

海外旅行をする際に、費用の面で非常に面倒なのが、燃油サーチャージです。
これは飛行機の燃料のために払う費用なのですが、場合によっては運賃よりも燃油サーチャージの方が高額になることもあります。
日本国内の飛行機には燃油サーチャージを払う必要は殆どありません。
日本からヨーロッパまで行こうとすると、燃油サーチャージだけで5万円程度かかると考えることができます。
インターネット上の料金では、運賃と燃油サーチャージを分けて書いてあることが多いので、注意してみておく必要があるでしょう。

 

また、燃油サーチャージは時期によって変わってきます。そのため明確な金額は旅行直前にしかわかりません。ある程度余裕を持って考えておきましょう。

 

LCCではこの燃油サーチャージを徴収されないことがあります。徴収されたとしても比較的安い金額です。これもLCCの特徴かもしれません。

 

航空会社の諸費用については、大手航空会社とLCCではLCCのほうが安いかもしれません。しかし、空港利用料などの費用は公的な経費になるので、会社によって差はないでしょう。旅行の際には諸経費がかかるということは考えて計画を立てておきましょう。